FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2020-05

ブローナーvsマイダナ 海外ボクシング記事⑤ - 2014.01.15 Wed



コレコレ。。


immediately

◼︎ すぐに、直ちに、早速

◼︎ 直接に(directly)

◼︎ すぐ接して(closely)


英語をマスターするぞ、と意気込んだ昨年でした。NHK「ラジオ英会話」とグリーンルーム「英会話カフェ」(大名、1h1000円~)でなんとかなるかな、と思っていましたが、続きませんでした。
そんなに忙しくもないのにねぇ~(笑)


英語が話せれば、スタンダード、に限った話ではありませんが英語の曲を歌う上でとても役立つことは間違いありません。外国の人たちともコミュニケーションが取りやすくなるだろうし。


「Ken! where is the live house that your band play ?」

「Well, BACK STAGE is the immediate neighborhood starbacks that is akasaka cross road, and we have a yellow sign」


こんな感じでいいですか?(笑)今年は頑張ります。



Bernard Hopkins :Maidana “took 3 fight” out of Adrian Broner


49歳にして現役の世界王者バーナード•ホプキンス。ブローナー、マイダナ両選手が所属するゴールデンボーイプロモーションの副社長でもあり、12月14日の試合をリングサイドで観戦していました。
話し相手は、ホプキンスと同郷のこれまた現役チャンピオンであるダニー•ガルシア。
アリーナの通路で出くわしたところの立ち話を、テレビ局が撮っていたようです。



After the judges decision was read, Broner made a quick exit to his locker room without remaining in the ring to give a post-fight interview. He was pelted with all sorts of beverages and garbage on his way to his locker room by fans who were rejoicing that he lost.



試合結果(3-0でブローナー敗戦)が読み上げられた後、ブローナーはリング上でのインタビュー(義務付けられている、たぶん)をすっぽかしてロッカールームに帰ってしまった。リングを降りて通路を帰ろうとするブローナーには、ありとあらゆる種類のペットボトルや食べカスなどがなげつけられた。



Bernard Hopkins spoke to Danny about the importance of showing class, even in the face of defeat.


現場にいたホプキンスは、同郷の後輩ダニー•ガルシアをつかまえてアドバイスを送っていた。いわく、俺たちは観客に何を求められているのかをよく考える必要がある。特に敗戦後の態度が重要である、と。


He believes that Broner exiting the ring immediately after the fight could be a major negative shadow cast over the future of Broner's career. This fight took such a tole on Adrien, that Bernard believes this one fight is the equivalent of three.


彼(ホプキンス)は、ブローナーが試合後直ちにリングを去ったことについて、今後のキャリアに悪影響を及ぼしかねない、と考えている。ブローナーにとってこの試合は3試合分に相当する重要な一戦だった。(世界的知名度のある選手との初対戦であったことに加え、当初はペイパービューでのライブ中継も検討されていた程だった)

Check out what B-Hop had to say above.


あとは、映像を見てくださーい

Benard Hopkins :Broner's loss to Maidana took 3 fight out of his career

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirabekenkichi.blog38.fc2.com/tb.php/774-300fbce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブローナーvsマイダナ ⑥ «  | BLOG TOP |  » ブローナーvsマイダナ 海外記事④

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!