FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2020-05

JUST TRUST THEM ~信じればいい、それだけでいい~ - 2013.07.17 Wed

ひょんなことから、韓国ジャズシーンのトップシンガー、ジュミ・リーLee Ju miさんのレッスンを受けることができました。詳しい経緯はおきますが、紹介してくださったピアニストの小森陽子さんに感謝します。





Comfortable

快適な、気持ちのよい、安楽な、くつろいだ。心身両面にわたって苦痛、悩み、面倒などのない、平穏、幸福、満足を与えてくれる。(英和中辞典 旺文社)


コードトーンを上下行するエクササイズを教えてもらっているときに。「コンフォタブル・イントネーション(心地よく声を出す)」。


「どうすればいい??」「Many experiences,you need
「ステージでの??」「Yes, I started singing 15


質のいい経験を積まなくてはならないのは言うまでもない。ここのところはもう少し突っ込んで質問をしたかった。「コンフォタブル」はよく判るような気がしたが、「エクスペリエンス」はジュミさんが自明としているところが、自分にとってはまだ試行錯誤のことであるかもしれないと思った。「エクスペリエンス」の質について疑問に思ったのでしばらく自分のライブをやらなかったのだから。


歌の途中で「one word」をあまり長くしすぎないのも「comfortable」のポイントである。つまりブレスの問題が起こるからだ。


フルート奏者の井上信平さんが、




「余裕で歌う」




のが大事だ、と言われた。ハイノートでもお構いなし。そのときはよく判らなかったが、今はそれは「背中で息ができるかどうか」にあるとおもう。「背中で息ができる→音がオデコに集まってくる→よく聴こえる→そうっと声を出す→まっすぐ行く→勝手に声が出る」歌いじまいをどうすればいいのかまだ判らない。ワンブレスワンフレーズなら行ける。ここから。




just trust them
(信じればいい、それだけでいい)


たくさんのごちそうが並んでいるテーブル。イスを用意してくれ、給仕をしてくれ、ワインを勧めてくれる。わたしたちはそれを楽しむだけでいいのよ


演奏者とのこと。納得。





Thank you very much, Jumi!!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirabekenkichi.blog38.fc2.com/tb.php/735-c881fd2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

You Are Too Beautiful  «  | BLOG TOP |  » 開き直ったら勝ち?それとも負け? ~Sometimes I'm Happy~

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!