FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2011-12

今日は有馬記念 - 2011.12.26 Mon

「24年連続G1制覇へ、ラストチャンスに賭ける武豊とレッドディビス」


そういえば、武豊はどうしたのだろう?

三年くらい前までは、予想するときには必ず武豊を中心に考えを組み立てていた。というより絶対に無視出来なかった。

野球で言えば、西武ライオンズ(パリーグに限り)。相撲で言えば千代の富士、バスケのマイケル・ジョーダン、ボクシングで言えば、マニー・パッキャオだろうか。僕らが知っている、「またかよ」うんざりするくらい強いチームやスポーツマンであるが、この中に間違いなく競馬の武豊も入っていた。


重賞であれ平場レースであれ、武豊が単勝10倍以上つく馬に乗る場面などほとんど見たことがなかった。ところが今年は、競馬新聞を開いても全然無印の馬に騎乗していることも多かった。当然のことながら勝ち星も伸びていない。今年はデビュー年の69勝にも届いていないのだ。最早「天才」とは誰も言わなくなった。


それでは、次代を担うのは?と言えば、福永祐一、岩田康成、池添謙一、川田、松岡、三浦皇成…誰だろう?もちろんトップジョッキーと呼ばれるのはこの中から出るかもしれないが、武豊に匹敵する騎手は、いないように思う。

NBAのマイケル・ジョーダンが引退したとき「Who Is Next Jordan?」ということがよく言われたのを思い出す。一番手は、ペニー・ハーダウェイ。次にアレン・アイバーソン、コービー・ブライアントなどが挙げられていた。結果はどうだったか。未だ「Next」は現れていないのでは?最近見ていないので詳しいことはわからないが。


平成二年の有馬記念、オグリキャップを優勝させたのが武豊。僕はそのレースが競馬を真面目(?)に見た最初だった。中学一年生だった。本命はオサイチジョージ、穴はゴーサイン(栗毛の流星で綺麗な馬だった)。


あれから22年も経つのか。と考えると武豊はよく頑張っていたなあ。このまま引退してしまうのだろうか。来年は色んな意味で土俵際徳俵一杯のシーズンになりそうだ。


僕としては「天才」の称号を降ろして「勝負師」と呼ばれる円熟の武豊を見てみたいと思うのだが。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!