FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2009-09

晩飯2 - 2009.09.19 Sat

人に飯をつくってもらった次の日とか、お金が無くて冷蔵庫にあるもので何かつくらなくてはいけない日は、僕も料理をやってみることがある。しかしほとんどの場合無残な結果に終わる。自分でつくった物はうまいとよくいうが、自分がつくった物だからかろうじて食べられる、という惨憺たる有様だ。

今日は「ポモドーロ」をつくった。いちおうはうまそうに出来たのだが、味は「3度の音が抜けたコード」のようだった。ド、ミ、ソのうち真ん中のミの音を3度というが、これが抜けるとコードの音色が出なくなるのである。トマトの味、パスタの歯ごたえだけで食ったようなものだ。

「ポモドーロ」はトマトとオリーブの風味だけで食わせるとてもシンプルな料理。

フライパンにオリーブオイルと、5ミリぐらいにスライスしたにんにくを入れ、にんにくがこんがりと香ばしくきつね色になるまで弱火で加熱する。

にんにくが色づいたらホールトマトを一缶分いれ、トマトの水分をとばすようにしながら中火でことことやる。

うまそうに照りがでて、とろっとなってきたら塩で味を調える。

これでいけるはずやのに。にんにくをもっときかせればいいのだろうか。どうもトマトはすっぱいし、オリーブオイルはゴムのような匂いがする。素材全部がばらばらの印象だ。

これでチキンライスをつくればうまいかもしれん、と思ったがケチャップでつくった方がよほどうまかろうと思い直した。たとえそれでうまくても「ポモドーロ」にはなんの関わりもないことだ。シンプルであることはとても難しい。ごまかしがきかないからだ。本物かそうでないかはっきりとわかってしまう。

肝にめいじてまた来週つくろうとおもいます。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!