FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2009-09

昨日の感想つづき - 2009.09.14 Mon

昨日偶然みつけた三省堂の「現代の国語」そのもくじの中に、「幸福 安岡章太郎」があった。
僕は食べることが好きなので、本を読むときどうしても食べるシーンが記憶に残ってしまう。例えば昨日挙げた「われらが風狂の師」では、主人公が銀座のフルーツパーラーで「クリームパイと水」を注文し、「ここのクリームパイ、30円なんだ。一週間通っても210円だから安いよ」という場面。山本周五郎の「酒、徳利、盃」では貧乏小説家が、うらぶれた破れ屋の土間ですきま風に震えながら、釣ってきた鮒を味噌で煮ている場面。
中学生だった僕の脳裏に鮮明に残っている「幸福」は場面ではなく、主人公の想像の中で繰り広げられるのである。それは昭和のはじめごろ東京九段にあったすしの屋台です。江戸の頃はこういうすし屋が普通だったらしいのですが、現代ではすしは高級品ですよ。
小説の主人公は旧制中学の何年生だったか、たぶん年のころ16、7だろうと思います。学校帰りに小遣いで屋台のすしをつまむ、ちょっと背伸びをして大人ぶりたい年の頃なんでしょう。もちろん場末のセコなる屋台だからトロやアワビなんてあるわけない。よくて漬け、シャコ、アナゴ。そのなかでも主人公はコハダの握りが好物で、それを目当てにいくわけです。粋な江戸っ子風をよそおってね。

実はそんな小説から抜け出たような、粋な庶民のおすし屋さんを見つけたんです。長崎です。江戸の仇を、ってわけじゃないんですが、今度行ったら何か書きます。

とにかく本の中の食べる場面は好きです。映画も同じです。歌は食う場面って言うのはないなあ・・
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!