FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2019-12

Put Your Head On My Shoulder - 2015.03.09 Mon


Paul Anka


Put your head on my shoulder, hold me in your arms, baby squeeze me oh so tight, show me that you love me too



Put your lips next to mine, dear, won't you kiss me once baby, just a kiss goodnight, may be you and I will fall in love



Some people say that love's a game, A game you just can't win. If there's a way I'll find it someday and then this fool will rush in



Put your head on my shoulder, wisper in my ear baby, words I want to hear, tell me, tell me that you love me too



マイケルブーブレも歌っていますが、やっぱり本家ポールアンカが良いと思いまーす。


Put Your Head On My Shoulder ポールアンカ←ココから観てね
スポンサーサイト



CRAZY HUE - 2015.01.27 Tue


Shiny Stockings



「好悪の感情は往々にして、きちがいじみているものだ」(カールヒルティ)



Those silk shiny stockings that I wear when I'm with you, I wear 'cause you told me that you dig that crazy hue


「好きだっていうから、履いてきたのに」


エラ&ベイシーのレコーディングが一番好きです。こんなこというとおかしいかもしれませんが、エラさんとってもかわいらしい。




1/24西荻窪ココパーム。名古屋のボーカリスト、テッシーさんと。来てくださったお客さま、ありがとうございました。


What's Going On 愛のゆくえ - 2015.01.24 Sat

Benson Renaldo作詞/Andrew Cleveland
(1971)

Mother, mother

There's too many of you crying

Brother, brother, brother

There's far too many of you dying, you

know we've got to find away to bring

some loving here today



おーい、みんな聞いてくれ


これ以上、おふくろ達を悲しませていいのか?


おーい、みんな聞いてくれ


兄弟たちがバタバタ死んでいくのを黙ってみていていいのか?


お上に楯突くつもりは毛頭ないのだが、愛はどこへ行ってしまったんだ?

なあ皆んな



おーい、聞いてくれ


俺たちに必要なものはひとつだけ


もちろん戦争なんかじゃない、愛は律法の全きなり、というだろう


あれこれ言うつもりはないんだが、愛はどこへ行ってしまったんだ?

なあ皆んな




羽根木公園






Same old story - 2015.01.11 Sun


ベナード・アイグナー(1977年)


Same old story
むかしも今も




A want is a want and a need is a need


人の欲にはきりがない。必要なものはわかっているのに。


No matter where, they've got a same kind of greed



貪欲は罪なり。



And when hate, lose a heart, it lose a heart,it lose a heart


そして罪が忍びこむと、人の心からはたやすく善意は失われ、憎悪が支配する。
ほんとうにちょっとしたことで。


I don't believe that the maddester preaching, it's the same old thing to me


怒りの聖者は決して信用できない。




むかしも今も変わらないこと。




羽根木公園。晴れた日はここでひと息。今度のライブで歌うかも。隠れたるソウルの名曲だと思っています。





EL DIA QUE ME QUIERAS - 2013.10.21 Mon

レペラ/ガルデル (1935)



あこがれ


ため息まじりのやわらかな話し声。
ひたと見つめるそのふたつの黒い瞳。
あなたの微笑みに心からの歌をささげよう。


あなたは荒れ果てた僕の心を穏やかに癒してくれる。
全てを忘れさせてくれる。


想いのとどく日


バラは祭日の衣装に身をまとうかのように咲き乱れ、一番の深紅にかがやくだろう。


風が鐘を打ち鳴らすと、それはまるでそうだ彼女はお前のものだ、と叫んでいるかのように聞こえてくる。


泉がキラキラとしぶきを吹き上げる。それはあたかも愛の素晴らしさについて、独り講釈しているかのように見える。


そして夜には


群青の空高く、星たちはまるで嫉妬するかのように明滅を繰り返しながら、僕らの上を通り過ぎてゆく。


そのまたたきに照らし出されてあなたの髪には神々しい光が宿る。


ふと見るとそばにはホタルがとまっている。
私の心にもその柔らかい光が灯るだろう。


!!Feliz Cumpleanos !!



セントラルパーク。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!