FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2020-05

Don't know why - 2013.08.14 Wed



ジェシー・ハリス作詞作曲。僕はノラ・ジョーンズを聴いて育ちました(笑)




I waited 'til I saw the sun, I don't know why I didn't come

I left you by the house of fun, I don't know why I didn't come, I don't know why I didn't come


気がついたら朝だったんだ、悪気は無かったんだけどさ

君を置いてけぼりにするなんて、ごめんよ、そんなつもりじゃなかったんだ


When I saw the break of day, I wished that I could fly away

Instead of kneeling in the sand, catching teardrops in my hand


夜明けを見たときは、自分を呪ったね

ひざまずいて許しを請うても泣きじゃくって見せても、追いつかないだろうな


My heart is drenched in wine, but you'll be on my mind, forever


酒みずくで忘れられたらどんなにいいだろう 穴があったら入りたいよ


Out across the endless sea, I would die in ecstasy

But I'll be a bag of bones, driving down the road alone

My heart is drenched in wine, but you'll be on my mind, forever


俺は7つの海を飛び越えて 恍惚のうちに死ぬのだ!!

威勢のいいことを言ってるが このざまだ

酒みずくで忘れられたらどんなにいいだろう 穴があったら入りたいよ



Something has to make you run, I don't know why I didn't come

I feel as empty as a drum, I don't know why I didn't come, I don't know I didn't come

I don't know I didn't come


別れちまったほうがいいぜ でも悪気は無かったんだ 

俺は空っぽのバケツと同じさ ほんとうさ 悪気は無かったんだ ごめんよ そんなつもりじゃなかったんだ






ノラ・ジョーンズは有名だし、もちろん歌も素晴らしい。だけどスタンダードを歌うものとしてはオリジナルがどんなんだったかも気になります。ということで本家ジェシー・ハリスのライブ盤を。。





ムーンリバー Moon River - 2013.07.31 Wed

ミシシッピ川


世界三大河川のひとつ。長さ順では第4位、流域面積では第2位。北米大陸最大の河川であり、カナダ(!)からアメリカを縦断してメキシコ湾にそそぐ。古くからの重要な交通路でもありアメリカの北部と南部を隔てる象徴でもあった。(wikipediaより)




ムーンリバー 広い広い河よ! いつかきっと大金持ちになってお前を越えていってみせる


見果てぬ夢を見させ、胸焦がれる物語を語る河よ! お前の往くところ、何処へでも下っていこうではないか


かつて二人のさすらい人がここから船出して、新しい世界を見つけた


それにならって僕等も行こう 虹の彼方、あの大きな曲がり道のむこうがわに!


さあ行こう ムーンリバーを! 友よ! 我ら未来なり!





きのうニュースで上野駅開業130周年の記念式典の映像が流れていました。日本の歴史を刻む「心の駅」と紹介され、駅員さんたちが歌う「ああ上野駅」をバックに集団就職の様子や当時をしのぶ人たちのコメントなどが流されていました。「ムーンリバー」を「上野駅」にとりかえても、そんなに違和感は無いんじゃないでしょうか?



「井上靖氏とお逢いした際、談たまたま中野重治氏の詩に話題が及んだ。(中略)『中野重治の詩は、あれはみんな演歌ですね。中野重治の詩の凄さは、そこにありますね』私はなにか虚を衝かれたような気がした。(中略)いったい演歌とは何か。軽く流行歌だと答えてしまう人は、人生を知らぬ人である。そして詩人とは成り得ぬ人であり、ひいては小説の核に生涯近づけぬ人である」

(「成長し続けた作家」宮本輝)





しかし、なんと上質に磨きこまれた演歌でありましょう!!





「Moon River」の歌詞はこちらから御覧下さい→「Moon River」Johnny Mercer/Henry Mancini(1961)


DSC01506_convert_20130731131534.jpg

優しい関係 Comin' Home Baby - 2013.07.23 Tue



四人の女、一人の男



Bob Dorough/Ben Tucker(1961)



(Come on home) I'm comin' home baby now,

(You know, I'm waiting here for you) I'm comin' home now right away

(You been gone) I'm comin' home baby now

(You don't know what I'm goin through) I'm sorry now I ever went away

(Since you went away I've been blue) Every night and day I go insane

I'm comin' home



(Come on home) I'm comin' home baby now

(You know, I'm praying every night) I'm comin' home now real soon,

(Please come on) Comin' home baby now

(I want to feel you hold me tight) I'm comin' home well I'm overdue,

(When I'm in your arms, how I feel soon) Expect me anyday now real soon

I'm comin' home




(Come on home) I'm comin' home baby now

(You know I'm countin' every day) And everything is gonna be fine

(Use the phone) I'm comin' home baby now

(And baby, let me hear you say) Expect see me now at anytime

(That you're comin' home right away) When you're in my arms I'll be fine

I'm comin' home




(Come on home) I'm comin' home baby now

(The clock is tickin' on the shelf) I'm comin' home now yeah yeah yeah

(Can't go on) I'm comin' home baby now

(I got to have you for myself) I'm comin' home you hearin' what I say

(I can't love a nobody else) I never will go away

I'm comin' home





なんかもう、訳するのが面倒臭くなってきました(笑)つまり、「四人の女、一人の男」ということです。それ以上に意味深なやりとりは無かったように思いますが(僕の英語力の限界)。


「出来上手の別れ下手」という言葉があるそうですが、この曲に歌われている男はまさにそんな、気のちいさい、心の狭い、クヨクヨと悩むような普通の男であるようです。だからこれを歌うときには、決して声を荒げない、うつむき加減で、にやにやしない、調子に乗らない、等々に気をつけなければ、すぐにイヤラシクなってしまう。のではないでしょうか。



「愛する人や親しい人々を傷つけることなしに、恋愛は成り立たないものであろうか。

 障害になるものすべてを轢き倒して進む馬車に似てがむしゃらに前進する恋愛だけが、真の恋だと思っている人が多い。他はすべて、妥協の産物だというのだ。
 
 だが、人生におけるこの種の妥協は、それほど軽蔑さるべきものであろうか。まずもって、騒々しく生きるのが嫌いな人もいる。そして、愛する人や親しい人を傷つけることが、どうしたってできない人もいるではないか」

(「優しい関係」塩野七生)



はなはだ意を尽くさず残念です。なんとなくでもこの曲の雰囲気は伝わりましたでしょうか?



なーに、カッコつけさえしなければいいんです。。あした歌いますよっ!!




■ 7月24日(水)「バックステージ」092(712)2828地下鉄赤坂駅4番出口右、スターバックスの隣のビル
  チャージありませんドリンク代(¥600~)のみいただきます(セッションに参加の方は¥1000)
  10:00PMスタート、「福岡城」はこんなバンド→九州にはめずらしい3管編成の・・



fukuokajyo01_convert_20130723225026.jpg

You Are Too Beautiful  - 2013.07.23 Tue

Lorenz Hart/Richard Rodgers(1932)



You are too beautiful, my dear, to be true. and I am a fool for beauty

Fooled by a feeling that because I had found you, I could have bound you, too


You are too beautiful for one man alone, for one lucky fool to be with.

When there are other men, with eyes of their own to see with.


Love does not stand sharing, not if one cares. Have you been comparing my every kiss with their's?


If on the other hand I'm faithful to you, it's not through a sense of duty.

You are too beautiful, and I'm a fool for beauty




「キツネやタヌキは、シッポを使って人をだますが、花魁は手練手管で客を絡めとっちまうから『尾いらん』」
なんてどっかで聞いたせりふだな、え、ベッピンさん、ごきげんうるわしゅう。冗談で言ってるんじゃないぜ。ここに間抜けがひとり(笑)ひとめぼれってやつ。電気がビビッとね、「恋の虜囚」ってやつですよ。

アハハ。。たった一人の男にゃもったいないってね。私のこと。ええ。ふたりで連れ立って歩いてるときの男たちの眼ったらないの!!

古来より「愛する」というのはですよ。私が貴女に、貴女が私に、貴女と私、仲良く遊びましょってことだろっ。つまりふたりの間になんかこう出来上がってくるもので、つまりふたりの間に限り成立するものであって、そこに第三者が介入してくる、なんてことは決して有り得べからざること、じゃないんですか??

あなただってそうでしょう??いつもいつも、その。。ダンナさんと他の男を比べてみてるわけないでしょう?
え、何、「たまにはそういうこともある」ダメですよそんなのはダメッ。あなたのダンナさんが許してもわたしが許さないから。

それにしてもバカですよ。「足駄はいて首ったけ」ってのがあるけど「竹馬はいて屋根に上がって」だよ。まったく。。
美人とバカがひとつがい、ビューティとフールがひとつがい。ハハハ、、うーん、なかなかいい落ちが見つからないや。ええ、ええ、えーっと。。



すみません、お水ください。




imatomi01_convert_20130723011321.jpg

7月21日「いまとみ」満員御礼の中演奏することが出来ました。ありがとうございました。

開き直ったら勝ち?それとも負け? ~Sometimes I'm Happy~ - 2013.07.06 Sat




「引き分け」



ヒガシマル醤油(兵庫県龍野市)の製品「揚げずにからあげ」CMのキメ台詞。小学生らしき姉妹が「アゲズニカラアゲアゲズニカラアゲアゲズニカラアゲ」と言った後「引き分け」と言うのですが、その言い方がめっちゃ六甲っぽい(なんじゃそら)。つまり懐かしいというか、ああ誰かわかってください六甲小学校周辺にお住まいの方々!


僕の父などは「お前らみたいや」と言います(こっちは兄妹やけど)


ヒガシマル醤油のCMは関西地区では有名なのが色々あります→「ヒガシマル CM」


さーて、今日取り上げるのはSometimes I'm HappyIrving Caeser/Clifford Grey作詞、Vincent Youmans作曲
ジャズスタンダードを歌い始めた頃に憶えて、6年くらいお蔵入りになっています。なぜなら・・


とても難しいからです(ホンマに)


ミディアムスウィングで歌っていますが。。




Sometimes I'm happy, sometimes I'm blue, My disposition depends on you,

I never mind the rain from the skies, If I can find the sun in your eyes

Sometimes I love you, sometimes I hate you, but when I hate you, it's 'cause I love you

That's how I am, so what can I do? I'm happy when I'm with you


ときどきハッピーときどきブルー、私の心はあなた次第

たとえ雨でも気にならへんの あなたの眼エにお日さんおるやん

ときどき大好きときどきイヤんなる なんでいうたらアイラブユー

しゃあないやんか どないせえいうの?

これが私のやり方です!





う~ん、軍配は上がってるような気がするけどナア~




So Koooool!




やっぱりコレですトゥーミー


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!