FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2019-12

元気です - 2015.03.15 Sun


日曜日は、アポロのセッションに行く!






昼も夜も。さすがに1日いるとくたびれてしまうけど、シモキタ風のクールなお店なので頑張れる。ホストも素晴らしい。ソウルミュージックにくわしいマスターは…




こんな感じの方です。


スポンサーサイト



東京デビュー - 2014.11.29 Sat


関内アドリブ
http://www.jazz-adlib.info

曙橋 フィルイン
http://fillin.hiciao.com

池袋 P's bar
http://ktmhp.com/hp/psbar/top

Something jazz club
http://www.somethinjazz.com/jp/

cocopalm 西荻窪
http://www.livecocopalm.net

J-Flow
http://j-flow.muse.bindsite.jp

Ginz 調布
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/ginz/


先週からセッションに行っています。それぞれお店に特徴があって面白い。
曙橋のフィルインは、歌いやすかったなあ。モニターがとても聴こえやすくセッティングされてありました。

ご存知のようにボーカルというパートは、ステージ上で文句無しに一番目立ちます。しかし一番弱く脆いパートでもあります。

自分の声がイメージ通りに聴こえてこないと、「あれ、調子悪いんかな?」と不安になってくるのです(ボクだけかも)。

最近はスタジオで練習するときにも必ずマイクを通して自分の声をよく聴くようにしています。沢山あるツマミを右に左にまわしながら、その場所でのベストのモニター感覚をつかむように工夫しています。

ママさんに「とっても歌いやすいですね」と伝えると、

「まだ試行錯誤しています」

とニコニコしながらおっしゃっておられました。ママさんもボーカリストだから、歌い手の気持ちがよーくお解りなのだと思います。


さて、今日(11月29日)は第32回浅草ジャズコンテストボーカル部門金賞受賞者で友人でもある千葉友紀さんのステージを見に行ってきます。僕も少し参加させていただきます(!)


11月29日(土) 平井あじさい
03-3638-2850
show start 18:00~ 2set
m.c.3000yen 要予約 (1drink おつまみ付)
※当日は3,500yenになります
千葉友紀(vo) 杉山泰史(g)
お席が残りわずかです
ご予約お早めにお願いいたします



東京デビュー??






代々木ナル~結果~ - 2013.05.07 Tue



いや~残念。ダメでした。




2013年4月27日に行われた、ジャズヴォーカルの老舗「代々木ナル」への出演権を賭けた「vocalist audition」に参加してきたのですが、落選してしまいました。




ママさんから電話いただきまして、




「第30回のオーディションは、該当者なしという結果になりました」




と告げられたときは、正直、神宮球場をひっくり返さんばかりの大ショックでしたが(東京六大学リーグ観戦中、やれるもんならやってみ)まあ~しゃーないわ、精一杯のことはやったからな、と思い直してスタンドでシクシク泣いておりました。



色んな方から色んな励ましの言葉をいただきました(ありがとうございますっ)なかでも・・




「たいして上手くもないのにカッコつけて、カッコ悪っ!!」




というのが一番心に残りました。それ、ホンマカッコ悪いっすね。自分ではそうとうイケテルつもりでしたから。。



今回は、浅草演芸ホールと新宿末広亭に行ってきましたが、果たしてあの中で歌ったとしたら・・と想像すると『カッコ悪っ』という意味がよくわかるような気がしました。




あとは、初歩の初歩かもしれませんが、「丁寧に」歌わないかんな~と痛感しました。一音一音。ある先輩に、




「きっちり歌わんと、ぜ~ったいスィングなんかせえへんで!」




と言われたことを思い出します。「今自分が歌ったテーマ、そのままおたまじゃくしで書いてん」といわれて、書き表せなかったのです。ほんまに。何年歌やっとンねん。




ちゃんとせーよ!!




ハイ。。


ヨナルつづきィ - 2013.05.01 Wed

さて「代々木ナル」vocalist オーディションの話に戻りまして。



中休みにウロウロキョロキョロ。


無いんですよ、お花屋さん。代々木駅なんかにすぐあるだろう、と思っていたのですが、甘かった。結局線路の反対側まで歩いて行って、新宿高島屋でやっと見つけました。行って帰ってで約30分。早め早め先を読んだ行動が大切です!(自戒)


大きなバラがなかったので、小さいバラを3本胸にさして戻ってみると、すでに出場者の熱演が再開されていました。


スウィングがあってバラッドがあって、ラテン系は少なめだったでしょうか。あんまり極端にアップテンポやキメキメの曲は無かったように思います。そらそうですよね。セッションですからね。


さてそうこうしているうちに、


「21番の平部さん、御準備をお願い致します」


準備と言ったって、すでに用意している3曲×3枚の譜面(まだ判らんとです)を持って、入り口の階段に座るだけなのですが、ここではじめてステージの全容が見られて、緊張感が高まってくる!


さて一つ前の男性ボーカリストが、「今夜の君は」(ボッサ)を歌い終えて喝采をあび、さあ俺やんけと腰をあげます。こういう時はササッと入れ替わるのがクールやね、とか思いながら、ステージへ向かおうとすると‥


「エントリーナンバー21番、平部‥ケンちき‥さん、あれっ??」


イイんですよっ!たぶん司会の方も歌ばっかり聴かされて、疲れ果てていたんだと思う。一生懸命やってくれてましたから。もう名前変えてもいいかもね、平部"ケンチキ"サンダース、かなにか。おー、なかなかいい響きじゃない?


「最後だし、レディイズアトランプ、やろうかあ」


でしょうね。そういう意味では、わかりやすい曲ですもん。ここではじめて歌う曲が決定します。用意していた譜面の中から「Lady Is A Tramp」を三部取り出し、お願い致します。



「福岡から来ました(ナゼかおおっ、と言ってもらえる温かいお店です)平部健吉と申します、どうぞよろしくお願い致します」


「曲は、Girl Talkを歌います」



エエーッ!!(ヤバッ、間違えたようだ)



そうなんです。このオーディション、
最初に「評価表」(HPからダウンロードして持ってくるか、当日お店でももらえる)に必要事項を記入しなければならない。用意してきた3曲、


1、(verse)なし、Girl Talk

2、(verse)なし、Lady Is A Tramp

3、(verse)なし、Once In A While


と記入した今夜の僕は‥Girl Talkのことばかり、最優先で考えていたのですね!!いやー、口が先にしゃべっちゃいました。まあアルアル、こういうこともね。ノープロブレムですよ。



さあて、もう一度仕切り直して、



「よろしくお願い致します」



とお辞儀をして、カウントスタート!


あとは‥なーんにもおぼえてないんだな(笑)



この予定表の中に書かれることをイメージしながら歌いました。

トキヨーーーッ!! - 2013.05.01 Wed

ご無沙汰しとりました。トキヨーッに参っております。上野代々木に西葛西ッ上から読んでもヨコから読んでも「西葛西」行ってまいりました歌って参りましたあ~まあ、難しいことは置いといて、しゃしん!ご覧下さいませ~




あれ、よく考えたらマトモに写したのはコレッきり?


上野「エブリスウィング」というお店です~


これは初日(26日)だったので、緊張しておりました。正直ほぐれる前に終わった感じ。テナーの川村信一さんの紹介でセッションさせていただきました。東京で大活躍されている、vocalistの遠藤義徳さんと偶然お会いして「今後ともよろしく」お願い致します。


今回の上京の目的だった、代々木ナル


「vocalist オーディション」


これが27日。オーディション合格者には名門「ナル」での出演権が与えられるというこの企画。今回で30回目。


しかし、全く写真なし。これ、やっぱり緊張してたんでしょうね。看板くらい撮っとけよ。


応募者は21名、うち男3人。もっと多いかと思っていましたが、後で聞いたところによると、風邪で当日キャンセルされた方もおられたとか。気温差激しいんです東京も。特にヴォーカリストはデリケートですからね。えっ、お前はどうなんだ?


もちろん僕は「絶好調」でしたがね。ええ、昔から言うでしょう?「ナントカは風邪引かん」て。エヘヘッまあまあそんな感じ(どんな感じでっか?)



それで順番は、なんと「21番目」。どん尻強襲ゴボウ抜きせなあかん。枠でいうと大外枠。まあこの辺にしとこう。これも得意な極端な順番です。


「歌う曲は当日決めます。流れや順番によってチョイスできるように3曲用意して下さい」


つまり、何を歌うか直前にならんとわかりません、ということ。まあでも最後やから、アレが来そうやな。may be?shall we??



オーディションスタート。



「まさか来店順に歌うことになるなんて!」


とおっしゃったのは、トップバッターの川崎さん。ハイ。わたくし最後の入店だったわけです。ワハハ、まさか来た順だなんてね。思いもしないっすよねー。


五時に集合して、もうすぐにまな板のコイだから、一番手は緊張するヒマも無かっただろうな。お気持ちお察し申し上げます。


印象に残ったMC、「moanin'」を歌われた方が、「恋の歌より、気持ちが入ります!」イエーイ!


「ゆとり教育世代に苦労をかけさせられています!」って言うのも面白かったなあ。「黙れ、モラトリアム世代が」なーんて若いのが言い出すともっと面白いんだがな。



11番目まで歌って、中休み。参加者多数の時は、3ステージに分けることもあるそうです。15分ほど休憩します、とアナウンスがあったので、外へ出る。胸にさすバラを探しに行かないといけなかったので、代々木の駅の方へ。ふと時計を見ると「7時15分」まだこんな時間です。オーディションの時ってこんなんなのでしょうか。


一枚だけありました。


つづく‥

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!