FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2020-05

こんな日もあります - 2013.03.24 Sun

これが勝負だな。明日から弁当生活~





中京11レース第43回高松宮記念(G1)

1着 ロードカナロア 岩田康成
2着 ドリームバレンチノ 松山弘平
スポンサーサイト



今日は有馬記念 - 2011.12.26 Mon

「24年連続G1制覇へ、ラストチャンスに賭ける武豊とレッドディビス」


そういえば、武豊はどうしたのだろう?

三年くらい前までは、予想するときには必ず武豊を中心に考えを組み立てていた。というより絶対に無視出来なかった。

野球で言えば、西武ライオンズ(パリーグに限り)。相撲で言えば千代の富士、バスケのマイケル・ジョーダン、ボクシングで言えば、マニー・パッキャオだろうか。僕らが知っている、「またかよ」うんざりするくらい強いチームやスポーツマンであるが、この中に間違いなく競馬の武豊も入っていた。


重賞であれ平場レースであれ、武豊が単勝10倍以上つく馬に乗る場面などほとんど見たことがなかった。ところが今年は、競馬新聞を開いても全然無印の馬に騎乗していることも多かった。当然のことながら勝ち星も伸びていない。今年はデビュー年の69勝にも届いていないのだ。最早「天才」とは誰も言わなくなった。


それでは、次代を担うのは?と言えば、福永祐一、岩田康成、池添謙一、川田、松岡、三浦皇成…誰だろう?もちろんトップジョッキーと呼ばれるのはこの中から出るかもしれないが、武豊に匹敵する騎手は、いないように思う。

NBAのマイケル・ジョーダンが引退したとき「Who Is Next Jordan?」ということがよく言われたのを思い出す。一番手は、ペニー・ハーダウェイ。次にアレン・アイバーソン、コービー・ブライアントなどが挙げられていた。結果はどうだったか。未だ「Next」は現れていないのでは?最近見ていないので詳しいことはわからないが。


平成二年の有馬記念、オグリキャップを優勝させたのが武豊。僕はそのレースが競馬を真面目(?)に見た最初だった。中学一年生だった。本命はオサイチジョージ、穴はゴーサイン(栗毛の流星で綺麗な馬だった)。


あれから22年も経つのか。と考えると武豊はよく頑張っていたなあ。このまま引退してしまうのだろうか。来年は色んな意味で土俵際徳俵一杯のシーズンになりそうだ。


僕としては「天才」の称号を降ろして「勝負師」と呼ばれる円熟の武豊を見てみたいと思うのだが。

笑顔 - 2011.06.05 Sun




安田記念予想


◎スマイルジャック 入念な仕上げ、内でじっと脚をためて乾坤一擲。東京新聞杯を勝ったときの三浦皇成のコメント良し、人馬ともにこのレースに賭ける気合を感じる。


○アパパネ 調教やや軽いか?4日に一追い。コース距離とも最適だが、ヴィクトリアマイルが目標だったのではないだろうか。


△ジョーカプチーノ 順調、なんかのびのび走りそう。



東京第12レースひかり賞予想


ここ狙いの2頭、ブリンカー着用効果を期待するセイリオス、関西から連闘をしかけてきたビギンマニューバーを挙げます。横山典、藤田、東西の名ジョッキーが鎬を削るのもいい。


toumorokosi_convert_20110605133012.jpg
ダービーが終わると、夏の匂い。






夜半の独り言 - 2011.04.24 Sun


大場がいいなあ、と思ったのは2、3日前の楽天戦。勝ちゲーム(8-3だったとおもう)のシメにでてきて、ピシャッと抑えた。ソフトバンクの大場翔太投手は、僕らイヂワル野球ファンの間ではチキンハートで有名。ライブやリハで決め事ミスを連発したりなんかすると、

「オオバクン、もう後がないよ」

などと言われたり言ったりする。その日はゲームの行方がほぼ決着していたこともあってか、解説者も大場投手の一投一投に注目してしゃべっていた。いわく、

「いいものは持ってるんですがねえ、プロに入ってコントロールを良くしようとしてフォームがちじこまってしまいましたね」「そうそう、今みたいに思いっきり腕を振ってるときはいいんですよ、球速表示よりも球はきてます」

最後のバッター(誰だったか・・)をポンポンと追い込んで、次の球、本人は決めに行ったのか勢いのある直球がわずかに浮いた。「今の感じを続ければいいんです」
次も思い切りのいいストレート。今度はシュート回転で打者の内懐へ。ボール。「シュートしましたけど、悪くないですね」
テンポよくモーションを起こすオオバクン。本人も悪くないと思っているようだ。
マウンドで弾むようにして投げた最後の一球、糸を引くようにしてキャッチャーのミットへズバリ。審判の手が挙がるより早く、「それやあ!!」という細川のアクションでゲームセット。駆け下りてくる大場。う~ん、ナイスピッチ。いままでと全然違うやん。

自信の無い若手にとってなによりも嬉しいのは先輩からのほめ言葉だが、大場にとって細川の小さなしぐさが何か大きなきっかけになる!?かつて城島を育てたといわれるのが、西武から移籍してきた工藤公康だった。ダイエーの初代監督は西武から招聘された根本陸夫氏。今の監督だって秋山だし・・まあ元はといえば西鉄ライオンズが今の西武だから、相性はいいんでしょう。そういえば、その日の解説者は伊東勤だったなあ。


明日はデボネアです。

春一番!! - 2011.03.26 Sat

予想はハズれるためにあるもの、とはわかっていながら、あえて僕の予想を開陳させていただくなら・・


馬連 5-13 6.9倍(前日売り)


もうちょっと安くなりそう。ジョーカプチーノとダッシャーゴーゴーの馬連1点での勝負。何年か後に、「えっ、あの2頭のウマレンがそんなについたんすか!?」と言ってもらえそうな馬券、であるような気がします。
春一番の第41回高松宮記念、スタートは明日の15時40分!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!