FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2020-05

出た! - 2011.02.13 Sun

今日の大ニュース


http://keiba.yahoo.co.jp/news/20110213-00000029-mai-horse


現場にいましたが、手も足も出ず・・

グレープフルーツ - 2010.05.27 Thu

今日も曇天肌寒し。週末の天気を気にしながら自転車をこぐ。

◎ ペルーサ

藤沢和雄師とダービーを目指して果たせなかった、シンボリクリスエスとゼンノロブロイ。ダービーと同じコース同じ距離で行われる青葉賞をステップに使い、本番に備えさせる師のやり方に僕は賛成だ。こんどこそ獲れるとおもう。

○ ヒルノダムール

皐月賞では、中山コースでの出走経験なし、というこの馬は無印。レース振りだけに注目していたのだがコンマ二秒差の2着。新馬戦で東京を使っていることからも、明らかにダービーを目標にされているのがわかる。僕は上位2頭の一騎打ちとみる。

△ ヴィクトワールピサ

東京コースを1度も使われていないことから、評価は3番手まで。しかしクラシックホースの王道とも言うべきローテーション(ラジオNIKKEI杯→弥生賞→皐月賞)を全勝で歩んできていることを評価し、上位2頭をのぞく他馬とは勝負付けが終わっているとみるが、さてさて。





高砂の青空市場にてもとむ。
逕サ蜒・0207_convert_20100527222758


もういくつねると - 2010.05.26 Wed

天気の悪い日が続きますが、気分は悪くありません。曇りの日雨の日は家でゴロゴロする楽しみがあります。

「ケイバも雨で中止、ってことはあるんですか?」

この前聞かれたのですが、大雪や台風での中止はしばしばですが雨天中止、は聞いたことがないです。
バシャバシャ降りしきる雨の中を、ミホノブルボンが逃げる、ライスシャワーが追ってくる。
去年もそうでしたが、ダービーの日は雨が多いような気がします。さて今年は・・

今日はバックステージのレギュラー演奏、福岡城でした。


繧、繝ウ繝昴・繝医@縺溘ヵ繧ゥ繝・00011_convert_20100527011204

ウオッカ3 - 2009.11.04 Wed

ウオッカの調子が気になったので、2008年の毎日王冠、天皇賞秋、ジャパンカップを見た。

特に気をつけてみたのは、ゲート前で行われる輪乗りである。

今年に比べて明らかに元気がよいことがわかる。覇気が全身に漲っている、「天高く馬肥ゆる秋」という感じだ。決して入れ込んではいないし、そのあとのレース振りも、きりりと引き絞られた矢が飛び出すようにゲートを出、自分のリズムで気持ち良さそうに走っていた。ということは・・

去年のメイショウサムソンがそうであったように、キャリアのピークを過ぎてしまったのではないか。

あんまり考えたくなかったのだが、もしかしたら。

う~ん。


逕サ蜒・155_convert_20091017025124

ウオッカ2 - 2009.11.03 Tue

ウオッカが負けた。

なぜだろうかと思う。

勝ったカンパニーは「今までで1番の出来だった」とジョッキーの横山典弘。2着のスクリーンヒーローは昨年のジャパンカップでウオッカを破っているし東京がベストのコースだ。そして4着以下は完全に引き離された。

僕はもう一度youtubeでレースを見る。2コーナーのポケット、スタート地点で輪乗りをおこなうウオッカは落ち着いているのか?少し元気がないようにも思える。それとは反対に、小柄な馬体に気合を漲らせているのはドリームジャーニーだ。目下充実の秋なのだろう。有馬記念ではもちろん買いだが、ここは不得手の左回り、競馬の内容だけを問うべきだ。

レースが始まる。

好スタートをきったウオッカだが、毎日王冠の時のように馬任せではなく、武豊は手綱をぐっと引き絞って馬をなだめる。するすると下がってゆき、後方5、6番手をゆっくりと進む。カンパニーはその2、3頭前を行き、スクリーンヒーローは先頭から少し離れた3、4番手コースロスのない絶好のポジションだ。

レースは淡々と進み、そのまま4コーナーへ。スムースに先団に捕りついたカンパニー、スクリーンヒーローに対して、抜け出すコースを探しながらやや仕掛けの遅れたウオッカ。安田記念と同じく馬群を縫うようにして先に抜けた2頭に追いすがる。しかしいつもの伸びは見られず、最後はなだれ込むようにゴールイン。勝ち時計は1:572のタイレコード。ウオッカ、カンパニーの上がりは32.9秒という極限のタイムだった。

見方の問題であると思った。中距離の精鋭を相手に一瞬で馬群を抜けてくる脚、緩やかな流れにも対応できるようになった気性。どちらかというと厳しい流れになったレースの方が真価を発揮してきたウオッカであるが、最近はスローな上がり勝負になった時にでも強さを見せている。
しかし一方で、キレ味は以前のままだが長くいい脚は使えなくなったのではないか?歳を経るにつれ激しかった気性がまるく、おとなしく、闘争本能そのものが衰えているのではないか?との疑念もよぎる。

正直わからなくなってきた。

しかし、宝塚記念のドリームジャーニー、今回のカンパニー、スクリーンヒーローはそれぞれ去年の有馬記念、今年の安田記念、宝塚記念で僕が中心に推した馬たちだ。この流れで行くと、ウオッカの次走、ジャパンカップは当然狙い目に入る。このブログでも以前に書いたが、今年はジャパンカップを獲りに行くような気がしてならないのである。

また書きます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!