FC2ブログ
ブログヨウシャシン03

2020-03

JUST TRUST THEM ~信じればいい、それだけでいい~ - 2013.07.17 Wed

ひょんなことから、韓国ジャズシーンのトップシンガー、ジュミ・リーLee Ju miさんのレッスンを受けることができました。詳しい経緯はおきますが、紹介してくださったピアニストの小森陽子さんに感謝します。





Comfortable

快適な、気持ちのよい、安楽な、くつろいだ。心身両面にわたって苦痛、悩み、面倒などのない、平穏、幸福、満足を与えてくれる。(英和中辞典 旺文社)


コードトーンを上下行するエクササイズを教えてもらっているときに。「コンフォタブル・イントネーション(心地よく声を出す)」。


「どうすればいい??」「Many experiences,you need
「ステージでの??」「Yes, I started singing 15


質のいい経験を積まなくてはならないのは言うまでもない。ここのところはもう少し突っ込んで質問をしたかった。「コンフォタブル」はよく判るような気がしたが、「エクスペリエンス」はジュミさんが自明としているところが、自分にとってはまだ試行錯誤のことであるかもしれないと思った。「エクスペリエンス」の質について疑問に思ったのでしばらく自分のライブをやらなかったのだから。


歌の途中で「one word」をあまり長くしすぎないのも「comfortable」のポイントである。つまりブレスの問題が起こるからだ。


フルート奏者の井上信平さんが、




「余裕で歌う」




のが大事だ、と言われた。ハイノートでもお構いなし。そのときはよく判らなかったが、今はそれは「背中で息ができるかどうか」にあるとおもう。「背中で息ができる→音がオデコに集まってくる→よく聴こえる→そうっと声を出す→まっすぐ行く→勝手に声が出る」歌いじまいをどうすればいいのかまだ判らない。ワンブレスワンフレーズなら行ける。ここから。




just trust them
(信じればいい、それだけでいい)


たくさんのごちそうが並んでいるテーブル。イスを用意してくれ、給仕をしてくれ、ワインを勧めてくれる。わたしたちはそれを楽しむだけでいいのよ


演奏者とのこと。納得。





Thank you very much, Jumi!!
スポンサーサイト



ことば - 2013.06.09 Sun




「外耳で聴くように心がけてごらん」




「キン肉を育てるのも、柔らかい筋肉にする」




横隔膜前のほうが中心でガバッとやってたのを、後ろのほうへやればいい」
(以上、吉安信子氏ヴォーカルトレーナー)






「発音をやったほうがはやいよ」




「口を大きく動かす」
(以上、田部俊彦氏サックス奏者)







「いいか、その人物の料簡でもって喋らなくちゃいけねえ」




「『料簡になりきって人物を描く』ためには、1つの噺のあらゆる設定が、きちんと演者の頭にはいっていなければならない」




「せっかくの笑いを薄っぺらなものにしないために、すぐれた演者は登場人物の住所年齢職業趣味趣向は申すに及ばず、その時着ている着物の柄ゆきから財布の中身まで驚くほど詳細に設定している。それだけの心理的準備を整えた上で、しかも実際の高座では『おなじみの与太郎さん』という一言でかたづけてしまうことが少なくない」
(以上「落語無学」江国滋)








「外見はじゃがいもみたいな菅原洋一ですらそれがあるもん」




「あまくて魅力的なっていうものをかくしてしまっているんじゃない?」




「よわいとこはよわいし、チョビッと、いろんなとこを持っているひとのほうがいいじゃない」




「今未完成であろうと、その未完成の間の自分をたのしむ。完成していく過程をたのしむ」
(以上、吉安信子氏)

先週のまとめ~ドンドンドン~ - 2013.02.20 Wed



吉安先生レッスンより




● 「胸の響きを大きくするためにはどうしたらよいですか?(プラシド・ドミンゴの胸声を特に強調した歌い方を見て)」



● 「1リラ2リラ3リラ4リラ・・(5リラ??)・・そうですゴリラ!ドンドンドン!!(と胸を叩いてみせる)」胸を拡げてやるような感じ。ラクに胸郭を。



● 「Non ti scordar di me(忘れな草)」イタリア歌曲の名曲を課題としてもらった。「甘いものが要る、ここで勉強して欲しいことは・・

巻き舌(舌根にチカラが入ってしまうと動かなくなる)で歌う。

ノドをマッサージしてくれる」と先生はおっしゃった。



ドンドンドン!!吉安先生は例えが非常に・・わかりやすい(笑)




繝輔ぉ繧、繧ケ繝悶ャ繧ッ22_convert_20130220151354

バックステージにて、セッション。ギターの平川さん。

僕の好きなジャズヴォーカリスト、カートエリングはこう言っている - 2013.02.13 Wed



質問


●「あなたはヴォーカルインプロヴァイゼイションの練習をしていますか?もしそうならどうやって?また、ヴォーカルインプロヴァイゼイションを学んでいる生徒に伝えておくべき重要なことはなんだと思いますか?」



カート・エリング


●「すべてをゆっくりとすることによって。(中略)自分自身にきいてごらん『もしこの世界が完璧なものだったとしたら、一体何を演奏したらいいのだろう?想像の中の完璧な状況では、自分にとっての最高のサウンドとはどのようなものだろう?』時間をかけることだよ。自分の演奏を録音して聴いてみよう。(中略)本当に重要な発見は、微粒子レベルの探求から始まるんだ。好きなホーンのソロをトランスクライヴ(譜面に書くこと)してごらん。彼らが何を演奏しているのか、見つけ出すんだ。彼らのフレーズを真似して演奏したいと思わせるのはなにか、見つけ出すんだ。(中略)可能性を探求しつくすことは決してないということを知ること。君は自分自身を出し尽くすんだ、それがやらなければならないことさ」

(VOCAL Improvisation~あなたを表現するために~Michele Weir著より)




Kurt Elling 「Tight」

先週のまとめ - 2013.02.10 Sun



吉安先生に課題をもらう。




●「忘れな草」(Non ti scordar di me)


「甘アマでお願いします」とのこと。良い例がないかなあとYoutubeを探してみると、あったあった。






世代の異なる2人のスーパースターの初共演!だと。Villazonは上の響きも豊かに使う。Domingoはどちらかというと低いところ(響きの位置)の強さを活かしている。上のほうを使えば華やかだし、ラクに歌えると思うのだが。ドミンゴは何を考えているのだろう。




聴くばかりでした。今週から歌ってみようと思う。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hirabekenkichi

Author:hirabekenkichi
21歳の時にゴスペルを聴いたのがきっかけで歌をはじめる。「ゴスペルシンガーになったる!!」腹の底から大声で歌いたかった、のでJAZZはもちろん、SOUL、R&Bも同じくらい愛しています。好きなシンガーはたくさんいます。なかでもBobby Macfferin、Bobby Womack、David Ruffin(テンプテーションズ)Lionel Ritchie、Joe Williams、Bing Crosby、Tonny Bennett、Carmen MacRaeなどなどきりがありません。

1977年、神戸市出身

2012年、「浅草JAZZコンテスト」銀賞(vo部門)

趣味のスポーツ観戦記も書いています。主にボクシング、野球、競馬。Gennady Golovkin、Bernard Hopkins(ともにボクサー)を応援しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ライブ (124)
セッション (41)
福岡城~fukuoka-joe~ (8)
基礎練習 覚え書き (7)
ニューヨークギャラリー (16)
ぼくのレパートリー (23)
第32回浅草JAZZグランプリへの道 (24)
第31回浅草JAZZグランプリへの道 (72)
ひとりごと (307)
uma (18)
BX! (32)
海外ボクシング記事拾い読み (21)
未分類 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ひとりごち

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ご来場カウンタ

まいど!